GFX 50R & Zeiss Planar スナップvol.2 : 銀座、新宿

DSCF1504A7Riiiの標準レンズはBatis40mm F2 CF。最初は少し戸惑ったけどもう慣れてしまった焦点距離FUJIFILM GFX 50Rと一緒にしばらく拝借したのはGF50mm F3.5。フルサイズ換算で約40mm。だから違和感なし。Zeiss Batisと比較するほどボディに慣れていないから操作覚えながらスナップ。

DSCF1456

DSCF1485

DSCF1460

その質感がよりリアルに光と影の深度の絶対値が広くなったように思える。ダイナミックレンジが広いというのは時によっては喜ばしいことばかりではなかったりする笑

DSCF1496ディテールが細かい

DSCF1489

そして用事があって新宿へ。

 

DSCF1510いつもの場所から

 

某カメラショップにてコンタックスのレンズを試写しに行ったのだ。ラージフォーマットにフルサイズ向けのレンズだから、大体がケラレる。海外のウェブを見てもしかしてと思い。試したレンズは、

Contax 85mm F1.4 Planar

Contax 100mm F2 Planar

Contax 135 F2.8 Sonnar

結果はどれもケラレがなかった。焦点距離が短いほどに周辺減光はあるものの、どれも名に恥じぬ素晴らしいレンズだと思った。一本どうぞなんてあったら間違いなくプラナー100 F2を選択するだろう。50mmや85mm、マクロプラナーに挟まれ埋もれてしまった銘レンズ。

しかし、ただ、試すだけではなかった。なぜなら僕のカメラバックにはCosinaのZeiss 85mm F1.4 ZFが入っていた。マニアの後輩から借りて持ってきていたのだ。ケラレや明らかな画質の低下のないことが確認取れた。うふふ。

GFXのアダプターは軒並み高く、滅多にないらしいが、中古でまさかのアダプターが有り、アダプターだけ自腹でゲット。試したい衝動には勝てなかった。

中古アダプターをゲットし駅へ。

DSCF1538Zeiss 85mm F1.4 ZF絞り開放

f:id:Futu:20200203182510j:imageF1.4


f:id:Futu:20200203182519j:image2.8


f:id:Futu:20200203182515j:imageF4


f:id:Futu:20200203182524j:imageF8

久々の明るいマニュアルレンズ。GFXにすると85mmが70mmくらいになる。F1.4は体感F1.1くらいのボケ量になるらしいが、そんなことよりも絞るほど暗くなっていく様にノスタルジーを感じてしまった僕。

気になっていた解像感は凄まじかった。。先入観なのか、フルサイズ向きのレンズはラージフォーマットつまり中判よりの大きいセンサーには対応できないと思っていたが、絞って撮れば純正のGFと大きな違いあまり見られなかった。安定感は違うけど。

DSCF1544F1.4の懐かしいプラナーのボケ

DSCF1555帰ってきたClassic Chrome

DSCF1552

 

久々のF1.4に加えてラージフォーマットでよりボケるものだからしばらく遊んで移動。次に試したかったのが、やっぱりAcros。あのモノクロが呼んでいる。Zeiss Distagon 35mm F1.4 ZMのあの感動は期待はしていなかったものの、楽しみだったし、そのまま期待に応えてくれた。

DSCF1574F1.4 wide open : 解像感は出ないけど雰囲気が出る

DSCF1573F1.4 wide open : 立体感よりもコントラスティ

DSCF1572プラナーの陰影

DSCF1565控えめだけど中間調は少し粘る、予測より素晴らしい

DSCF1560oh my planar

 

Vol.3へ続く