デジカメ選びの感想雑談

 

f:id:Futu:20201208232344j:plain

はてなブログは、iPhoneのアプリからいつも更新していましたが、本日初めてMacからの更新です。慣れの問題が大きいですが、PC画面からだと、とてもたくさんの編集や見れる情報があって驚いています笑。

 さて、今の愛息達を適したカメラで残していくためにこの数ヶ月でたくさんのカメラを試す機会があったので、自分の思い出にもなるので笑、残そうと思っています。

レビューなんて烏滸がましいことは言えません、感想レベルです。

 

S5 ←今日これ。

Z6

 R

X-S10←今日これ。

 率直に言って、どのカメラも素晴らしく、その違いなんて多くの人には誤差の範囲で、それでは済まないマニアな方々やこだわりのある方には、好みの問題レベルで、どれもまぁ大変素晴らしいデジカメだと思いました。

 

📸Panasonic Lumix DC S5📸

f:id:Futu:20201208233351j:plain

結論から言うと、少し使っただけで返却しました。しかし、このポテンシャルは目を見張るものがありました。何よりも動画も撮影する人には、仕事レベルをこなせる実力を秘めていると思いました。まさに必須機能をどれも押さえたハイブリッドだと思います。

選ばなかった理由

は、まさにここで、僕はスチールよりもMovieの方が付き合いが早かったので、パナはもう完全に民生機も業務機もビデオカメラのバイアスで溢れてしまっています笑

なので、操作性も、カラーも「ビデオだけじゃなくてスチールの方にも力入れています」という見方が働いてしまってですね、、、「スチールだけじゃなくて、ビデオも凄いよ!」が欲しいという、この言葉の順番は実は決定的に違ったりするんですよね。。。

なので、S5のビーナスエンジンが吐き出すカラーが写欲をそそらなく。←モノのせいにしている典型例です😭

f:id:Futu:20201208234609j:plain

でも、実際のカメラとしては素晴らしく、ローパスフィルター レス といこともあり、解像感は高く、全体を通して感じていましたが、とても線が細いので細かいディテールの保持が印象的でした。

JpegよりもRAWより」かと思いましたが、カスタムカラーやモノクロも良かったので、スチール機としてもレベル高いと思いました。いや、本当に笑。

f:id:Futu:20201208235116j:plain

東京国際フォーラム

 

f:id:Futu:20201208235342j:plain

Black and Whiteとしては良いんだけど、、、

f:id:Futu:20201208235401j:plain

 

カラーも良いです。見返すと「ええやん」と思えるのが、結構ありましたが、先入観が染み渡ってしまった僕には、その会社の色に対する哲学と言いますか、、サイエンスに共感して使いたいというのもあったので、まぁ、好みの問題だったと結論付けております。。。

 

AFについて

散々バッシングされてきたコントラストAFですが、S5を使って遅いと感じることは微塵もありませんでした。比較対象がGFXですので。。。。。。。。爆。

ウォブリングは確かにありましたが、精度には問題を感じませんでした。何よりもAFの切り替えが、今回のカメラ選びのクリティカルなポイントの一つなので、

AFC⇄AFS

シングルポイント⇄瞳AF

この切り替えがいかに素早くできるかということは、どの機種も確認してきました。慣れもありますからね。

過去使ってきたカメラで、この部分はソニーαシリーズが一番操作性が良かったです。

色の好みが違うので、次使うことはあまり考えていませんが、メニューも含めて実は僕は使いやすかったです。。。。。。

「押してる間だけ瞳AFC」とか理想のカスタム機能です。これができるのは2020年12月時点ではソニーだけでした。

 

グリップ

パナもニコン、キャノンと立て続けに使いましたが、結局どれも両手で使うことを前提に考えているんだなと、ミラーレスと言っても、レフからレスになっただけでその扱い方は、あくまでレフからの流れを踏襲していると感じ続けていました。

どれも、めっちゃグリップ感がいいんですが、「片手」になると途端に操作性やバランスが落ちるんです。S5はわりかし良かったです。X-S10は軽いだけで操作性は論外でした。(まぁ価格的に文句は言えません🙏)

 

f:id:Futu:20201209000800j:plain

結論

最初の通り購入には至りませんでした。

良いハイブリッドカメラですが、僕のスタイルには縁がなかったというだけですね。

たくさんレンズも出てくるとのことで期待大ですね。

動画で検討している人は、パナ、キャノン、ソニーの定番で良いのかと、業務になったら、機材はある程度揃えるので選択肢はないと思いますが、

S5はバリカムのVLogが使えるっていうのがやっぱり魅力だと思います。LUTもたくさん種類がありますしね。

 

📸X-S10📸

フジの流れとは毛並みが違うためか、とても注目された製品ですね。グリップやダイヤルがらみの変更に加え、価格設定も話題になりました。

ところが、僕は使ってみて全くダメでした。。S5とX-S10を使って気付いたことは

 

ファインダーと液晶の解像度って大事 

 

ということでした。そもそも10万円ですからね、その時点でさまざまな部材のコストカットで成り立つ価格です。。。選択肢に入れたこと自体僕のミスであって、フジのこのカメラは良いカメラなんだと思います。

でも絶対に認められない発見はありました。

 

カスタム設定の仕様変更

フジのカメラで一番最初に設定するところです。acros GとClassic ChromeVELVIAのシャドウとハイライトをブーストしたのを5番目になんて、どのカメラでも多くの人が設定しているところですね。

それが今回、X-S10では、従来7つあったカスタム設定が4つのカメラ上部のC1-C4のダイヤルに変更になり、そこにカラーデータは含まれていないのです。。。。

今まであれば、カスタム1はClassic NegaでISOはautoでダイナミックレンジもautoで、カスタム2はデフォルメのVELVIAでシャドウもハイライトも+2にしてカラーもあげてなんてのを一発で呼び出していましたが、左上のダイヤルでクルクル回して呼び出す。。。。

 

結論

ご縁がありませんした。

 

 

 

選ばなかったカメラについて記事にするなんて、、ここまできて、僕は何に時間を投資してるんだと今更感じ始めていますが、もうあとひとつクリックするだけなので許してください。

「後悔」