黄金色を求めて

Senzokuike Sunset All Photograph is taken with ZEISS Batis 2/40 CF on Sony α7Rlll

なんでもない平日。都心で秋を感じるのは冬の気配を感じ始める気温だったり匂いだったり。

図書館に子供の本を返すのを妻に頼まれていてふと立ち寄った公園。

Senzokuike Sunset

Senzokuike Sunset

驚くほど陽が落ちるのが早いから、見渡すとこんなところでも薄らと黄色が映えていた。

Senzokuike Sunset

Senzokuike Sunset

EVFや液晶画面から自分好みの色になるように絞りと速度を調整すると案外露出が高めになっていることに気づく。

Senzokuike Sunset

Senzokuike Sunset

Senzokuike Sunset

Senzokuike Sunset

Batis40は開放ではほんのり柔らかくでも芯はある。誇張し過ぎないし、繊細で丁寧。50mmだったらとかもう少しだけ広角だったらと思うのは40mmにまだ慣れていないだけ。

Senzokuike Sunset

Senzokuike Sunset

アクロスが好きな僕には少しメリハリが強いモノクロだけど、コントラストをマイナスにしてもこんな感じ。光のもやっと感はオールドレンズの勝手に出てしまうハロ的な方が雰囲気出るのかもしれない。

RAWで追い込む人は空のディテールも残せるからそれも一つ。僕はそんなことしないけど。

Senzokuike Sunset

Distagon好きの僕にはススキの光の交わり具合がたまらない。

構図を試しながらも見る見る下がっていく太陽に焦るばかり。。

Senzokuike Sunset

Senzokuike Sunset

思えば昔のキャノン時代から露出を一段上げめで撮っていたなと思い出す。

 

学生時代に経験した容姿も性格も完璧な女子で身の丈に合わないと引いちゃう感じを思い出す。かつて出会った中でも最高峰の単焦点レンズ。

大きさを除いたら非の打ち所がない。。

ZMのZeiss 50mm F1.5のゾナーもちょっと前に興味があったけどもう不要ですw

 

 

家族とFamily with Batis 40

Nagaoka, Niigata, Japan

 All Photograph is taken with ZEISS Batis 2/40 CF on Sony α7Rlll

祖父が他界した。長年の痴呆による親兄弟たちの介護の末に96歳で自然に呼吸が止まるという最も理想とする人生の幕引きをしたようだ。

Nagaoka, Niigata, Japanキッチリカッチリ映り過ぎだよBatisさん

Nagaoka, Niigata, Japan

こういう時は若干甘いとか柔らかいくらいがいいんだよ

何遍も話題にしてるけど、もう仕事でのカメラではないため、今現在、僕はMサイズのJpeg撮影。後から編集をしないから、(スナップだけど)撮影時の設定や色や光の飛び方に気をつける必要がある。DROと仲良くしながらw

Nagaoka, Niigata, Japan定年後、親父が移り住み変なゲートを作り畑を作った。

Nagaoka, Niigata, Japan僕が生まれる前からあった

Nagaoka, Niigata, JapanPhotoshopで加工したかのような赤だった

人里離れた地で祖父は燃え形がなくなる。そして自分のため、一族のために建てたお墓に。まさか自分の妻や息子嫁が先に入るとは建てた頃には思ってもいなかっただろう。しかしその時にはもうその記憶すらなかった。

Nagaoka, Niigata, Japan僕の母と祖母に報告の墓参り

 

↓新潟から東京へ

 

Family day, Harajuku to Ginza

東京に戻れば、小さい子供はそんなこと分からない。妻は兄と体操教室 to 原宿。僕と次男はまさかの渋谷下車!

Family day, Harajuku to Ginza秋を感じる

Family day, Harajuku to Ginza色々な色があるのにモノクロw


次男ばかり、これでも厳選。

Family day, Harajuku to Ginza

Family day, Harajuku to Ginza

Family day, Harajuku to Ginza

Family day, Harajuku to Ginza

Batis40は以前レビューで黒の締まりが特徴でアンダー目に撮りたいと記していたんだけど、この次男の一連のは、マニュアルモードで+1, +2位まで露出オーバーしてた。でもこの煌めきというか抜け感、光の描写は僕が過去に使ってきたZeissに共通する部分だと思っている。Zeiss Distagon 35mm F1.4 ZMもそうなんだけど、強い光や明暗さが出る時に光沢感をまとう。というか色の継ぎ目というのかBatis40は繊細というか丁寧という表現があっているように思う。

Family day, Harajuku to Ginzaこの一枚は絞り優先

Family day, Harajuku to Ginza瞳AF!!!

Family day, Harajuku to Ginza

Family day, Harajuku to GinzaBatisはもっと寄れる!

長男の体操教室も終わる時間が近く、まさかの竹下通りへ向かう。

Family day, Harajuku to Ginza

Family day, Harajuku to Ginza

晴れた日中はどうでも良い看板や飾りをただ撮りたくなる笑

Family day, Harajuku to Ginza

Family day, Harajuku to Ginza

 

原宿から銀座へ

Family day, Harajuku to Ginza強烈な西陽は大好物

Family day, Harajuku to Ginza絞ったときの光を逃さない光沢感

Family day, Harajuku to Ginzaモノクロのコントラスト-2でもこってり感

Family day, Harajuku to Ginzaゴーストやフレアが大好き→オールドレンズ使うべき笑

Family day, Harajuku to Ginza今日のカラーは終日ポートレートモードだったけど良いかも。

Family day, Harajuku to Ginzaもっとボケが暴れて欲しい。

個人的なイメージとしてZeissのボケってトロッとかフワッてよりもボケるんだけど背景の輪郭というか像は残すから、推測できるものがボケてる感じ。

Family day, Harajuku to Ginza

この黒の締まり♡なんだろうか、何か今までのレンズと違う立体感、ん??というのがBatis40は多い気がする。

 

 

50mmが欲しい。Zeiss Distagon 35mm F1.4 ZMはX Pro2 時代は換算で50mmだったけど、フルサイズの今、自分の標準となる50mmマニュアルレンズが欲しい。

Batis40は日々の家族や思い出を記録する無敵艦隊。マニュアルは自分のためだけのレンズ。

  • Zeiss Loxia 50mm F2
  • Voigtlander Apolanthar 50mm F2 ←12月発売
  • Voigtlander Nokton 50mm F1.2
  • 格安オールドレンズ or Leica ズミクロンR

 

Zeissあるから2.3が候補になりそう。広角はFE28 F2で十分。タムロンの新しい24mm F2.8も小型で安いから比較したい。

本当に必要なのは中望遠なんだけど、時間かかりそう。ダラダラになったけど、どちらにしても楽しい1日だった。家族はありがたい。

 

 

#justsnap with Batis40 on α7Rlll

Shinjuku snap All Photograph is taken with ZEISS Batis 2/40 CF on Sony α7Rlll

カメラバックを買いに新宿へ。カメラを入れつつもあまりカメラバックしすぎていないのが良くて普段使いに良いのをネットで探して実物を見に行った。

f:id:Futu:20191112203547j:image
f:id:Futu:20191112203544j:image

ピークデザインのショルダーバッグ。こういうのを求めてた。今使ってるクランプラーのは10年前のだから流石に少し野暮ったい。黒もいいしグレーも悪くない。ということでヨドバシへ。色々見て結局買ったのが

f:id:Futu:20191112203946j:image

まさかのハクバ!

しかし、防水で見た目よし、軽くてちょうどいつものレンズが入る。フードつけてままでももう一本レンズ入るし財布とかもろもろ入る。もう少し大きかったらが叶ったバックでしかも安い。。店員が提案してくれなかったら見向きもしなかったメーカー。

f:id:Futu:20191112205619j:image
これねマーケティングとして不足があると思う。シンプルだし実際の見た目や装着感はもっと良い。それが原因できっとあまり売れてないと思う笑。買えて満足。そんで行き帰りでパシャパシャ。

Shinjuku snap中々パープルフリンジが出ない

 

Shinjuku snap

Shinjuku snapThe both are F5, やはりマクロ域はF4以上にしたい

Shinjuku snap

Shinjuku snap

最近はカラー中心になってるから何となく撮り比べてしまう。

 

Shinjuku snap

Shinjuku snap

ハイやローに振ることで色の問題から逃げてる気もするけど。。

Shinjuku snap川が反射で水色になっていたのを結局表現できず😭

Shinjuku snap

Shinjuku snap西陽を浴びる新宿

 

Shinjuku snap開放のハイキーで飛ばして被写体を浮かす

Shinjuku snapやっぱりモノクロが好き

 

Shinjuku snap

Shinjuku snap強い西陽は光の計算を吹き飛ばす。

Shinjuku snapタイミング良く電車

 

Shinjuku snapやっと出てくれた反射の贈物

Shinjuku snap

Shinjuku snap解像度高し

Shinjuku snap色がギトギト

Shinjuku snap

Shinjuku snap


とりあえずBatis40軽くて便利。抜けが良くて解像度高い。すごい時代ですね。

いやーバッグ買えてよかったー。

 

 

 

 

 

Just Photography

Fall to winter

 All Photograph is taken with ZEISS Batis 2/40 CF on Sony A7Rlll

Sonyのα7Rlllを使い始めて分かったことは、もっと細かくカメラ設定を追い込むこと。キャノン時代は当たり前にやっていたカメラの設定をフジのX Pro2ではしてこなかった。一度設定を作り込んだら、後は露出と絞りとフィルムの種類を変えるだけ。それだけで違いを見いだせて構図とイメージを具体化できたから。

Fall to winter

Fall to winter

久々のフルサイズで、肩透かし。ソニーというメーカーのせいにしてたけど、自分で追い込んで作り込まなきゃ。特に、僕は後からの色補正をしないJPEG完成タイプだからなおさら。

Fall to winter

Fall to winter

まだボディもレンズも探り探りだけど、Batisの安定感はありがたい。僕はクモ🕷が苦手。こういうののピント合わせがα7Rlllでは大変だった。。ピント面の解像感は抜群。拡大はiPhoneでやったらから適当w

 

Fall to winter

Fall to winter

ボケはもっとぐちゃぐちゃな方が好き

 

Fall to winter

F5.6、F4とかこのくらい絞らないと破綻しちゃう

 

Fall to winter

黄色が映えるけど、、、

 

Fall to winter

モノクロの方が美しい。

 

Fall to winter

所用の合間に15分ほど代々木公園へ

Fall to winter

Fall to winter

Fall to winter

女子大生達が各所で遊んでた、、良い公園

 

Fall to winter

露出低いけど実際の見た目に近い、紅葉みたい

 

Fall to winter

Fall to winter

Fall to winter

なんだろう、何のテーマもないし、目的なんてない。ただ、出来る限りカメラを持ち運ぶようにしている。悪あがきして呼び起こせる何かを期待している。。

 

家族レンズGET : FE28mm F2

Untitled

Zeiss Batis40mm F2 CF

仕事でカメラを使わなくなって、子供が産まれてから機動性という最も大事な瞬間を考えて、Canonシステムから富士フイルムにマウント変更した。何一つとして不満はなかったもののZeiss Distagon 35mm F1.4 ZMに出会いフルサイズでこのレンズを使いたくなり、ソニーのα7Rlllに乗り換えてしまった。

フジのX Pro2を使っていた頃は換算で35mmと53mmで全てをこなしていた。これで十分だった。

Shinjuku in Japan

Zeiss Batis40mm F2 CF

 

久しぶりのフルサイズで、そのあまりまる素晴らしさを体感出来たからDistagonは少しお休みでBatis40としばらく仲良くなろうと思うと、35mmは流石に被りすぎる。40mmだと標準域は問題ないけど、子供と背景を入れたい時に2.3歩下がりがちになった。慣れってすごい。だから完全に家族用に広角をゲット。FE28mm F2。ポイントで買えたから妻にもばれず少し刺激的。

Shinjuku in Japan

FE28mm F2 クセがない

実はもう一つ候補だったのがサムヤンのAF18mm F2.8 feという最近出たばかりのレンズ。流石に広角すぎて選ばなかったけど、多分このレンズは凄いレンズだと思う。超広角ならではのコーナーの伸びはあるけど、全面シャープだったのとBatis40で感じたのと同じように、他に似たような焦点距離のレンズ試したけど、このレンズはEVFも液晶でもクリアに見えた。

Shinjuku in Japan

いつもの新宿。複数のロクでもない試写をしたけどFE28mm F2は前評判の中央以外はレベル低いってのは全く感じず、近距離は開放だとたまに甘くなったりすることはあるけど、全く問題なし。解像感もあるし絞れば基準を立派にクリアしてきてパキパキだったw

Shinjuku in Japan

FE28mm F2.8

軽く、比較的コンパクト。フルサイズにあるべきバランスだと思った。フードが死ぬほどチープで驚いたけど。

色味はまだ分からないけど、基本は絞って使うだろうから28mm F2.8スタートくらいの感覚。

 

まだ短い時間だから確証は取れないけど、Batis40と比べるとコントラストや色乗りは控えめというか雑←そんな悪い意味ではなく、Batisが優秀、だから控えめなコントラストということはモノクロで楽しめる。ここに来てピクチャープロファイルまたやってみようと思ってる。

ファーストインプレッションでは絞るほどに線が細くなる感じがした。ただいわゆるマイクロコントラスト?Zeissが強みにしているところとは結構違いがあった。Batis40の丁寧に色を紡ぐ感じは性質上出すレンズではないと思う。

Untitled

Shinjuku in Japan

レンズの個性が強いとモノクロは特にその個性が出やすい。しかし、逆にFE28mm F2のようにシャープだけど派手な個性がないというか少ないから、カメラの設定のクリエイティブスタイルの違いがわかりやすいと思う。

Batis40でモノクロにする時はモノクロのコントラストを-2くらいにするけど、FE28mm F2の時は0か-1。この辺りはまた遊んで見極めたい。

→僕は撮影後の整形はしないからカメラ設定が重要。

 

ケツロン

家族用をしっかり押さえらことができて大満足。あとはZeissと遊ぶのみ。

 

 

Batis40が教えてくれたこと

DSC01769

 All Photograph is taken with ZEISS Batis 2/40 CF on Sony A7Rlll

※今日の記事は短いw

家族で世田谷公園に行った。Batisで動き回る子供達を測る良いチャンス!

DSC01660

結論から出すならば、思うような結果ではなかった笑。というか4.2歳の2人の息子はファインダーやEVF越しに見るとまぁ止まらない。。

 

 

DSC01676

あとは、西陽が強烈で最近原点にも戻りマニュアルモードにしてると森の木漏れ日とかで激しく露出が変わるからまず子供は間に合わない、あとはまだまだカメラそのものに慣れていないことを痛感するくらい、あれっ?こんな状況の時どんな設定で撮るんだっけみたいな鈍さ。昔の仕事の時のような機敏な動きは要らなくも、残したいイメージとその方法くらいパッとリンクさせておかないと。

 

DSC01675

DSC01661

あとは、前にも感じたけど個人的にF4付近が1番使いやすかった。上の2枚は絞りの選択間違えたかな。。今日はほとんど子供だったけど、森の中は背景を選ぶ。まぁボカしてナンボのレンズではなく、それ以上に万能だから状況に応じて扱えよっ!ということだと思う。

 

DSC01624

DSC01761

公園の近くには小洒落たお店が点在。世田谷公園の面白いところは、手作りのコーナーがあって子供や大人で賑わっている。

 

DSC01670

火を起こして何かを作っている煙を捉えるBatis

 

DSC01684

帰ってきて取り込むまで気付かなかった、強い木漏れ日。もっと構図を考えればよかった

 

DSC01769

DSC01762

DSC01722

DSC01677

DSC01635

 

止まらない愛息に追われてアップできる素材が少ない。。。今までは家族用は35mmレンズを標準にしていた。自由なスナップのときとは違い、35mmに慣れてるから40mmになって2.3歩下がることがチラホラあった。慣れとは怖いもの。

 

Batisの教訓←あくまで個人的に

  • 機材に慣れとけよ
  • 瞳AFと親指AF使い分けよ
  • 絞り開放は、意図的に!絞れ!
  • もっと光を見てくれ

 

まぁ作例と呼べるレベルでなくて無念。

レビューは前回、前々回でしたけど、分かることは解像感が高い。コントラストや色乗りはずっとZeissだから比較が難しい笑

傾向としては、Distagonタイプなんだけどプラナーよりゾナーぽさを感じていて端正で線の細い描写もほどほどに仲が良くバランスがいい。

 

難しかったけど楽しい公園だった。

 

 

ぶらり銀座界隈 with Batis 2/40

DSC01472

 All Photograph is taken with ZEISS Batis 2/40 CF on Sony A7Rlll

久々の平日休暇、家でYoutube見て終わるのも勿体無いし、Batisで遊ぼうと思い銀座から浜離宮のルートを辿ります。→ネットの画像だから伝わらない前提w

DSC01475

久々の晴天マニュアル撮影に戸惑う僕。。

DSC01477

銀座からコーヒーの聖地を超え新橋へ

DSC01482

 

思えば観光客が増えたけど、ひしめく路面店は生き残りをかけて大変だろう。

DSC01487 

入口手前だけど海の潮の匂いがやってくる。

DSC01490

DSC01544

絞り開放だと雰囲気は悪くないがボケる

DSC01500

F4.5だからバキっと。この位が丁度良い

DSC01497

これもF4.5

どうやらレンズの問題で近接は表示がF2でもF2.8になってるらしいが、いやはやもっと絞らないと花🌸とかはボケちゃう。でも手持ちでここまで近づけるのは中々に楽しい。

DSC01511

意地悪ボケテスト

DSC01509

DSC01496

意地悪逆光テスト

僕は、ボケは綺麗なボケとかトロリとかクリーミーとか擬音の表現でいうならドロっとしたのが好みで普通よりも一癖欲しい。独特さ。理想はマクロプラナーの油絵のような感じ→全て感覚笑。

あまりボケを追求するレンズではないけどZMのDistagon同様に、ボケは好き。1番重要なのは背景の奥行きを出すボケのグラデーション。今日は計れなかった。。

DSC01505

DSC01504

心地よい緑の中でごく普通のスナップ。

困ったのはここから。。。

DSC01523

DSC01520

DSC01519

DSC01517

ストラップで肩掛けして歩いている間に、ボタンが押されてJPEGサイズLの4000万画素越えになっていた。。。僕は後からの編集をしないため普段はJpeg Mサイズ。使うカメラを間違えていると多くの人が思うだろう使い方。でもいいの、メインは家族とレンズの味を楽しむスナップだから。

それにしても絞れば大抵のレンズでもパキッとするが、Batisの絞った写真の凄まじさは等倍で見ると目ん玉飛び出るかと思った。。。こ、ここまで解像感なくても。。。と。4200万画素恐ろしや。

DSC01541

こーゆーのは白を飛ばしてナンボ笑

DSC01540

開放だとこんな感じ、少し暗めにしてもピンは浅い

DSC01527

この次くらいから勝手に設定がMに戻っていた。。

DSC01537

開放で枝に合わせたけどパキパキ。反射と被ってる。。

DSC01531

このモノクロが今日1番好きな一枚。シャッター速度に対して一瞬風が強まって狙って撮れない偶然の産物だから笑

 

 

DSC01568

DSC01556

DSC01554

そしてまた徒歩で銀座に戻り三越で野菜を買い帰るのでした。

DSC01577

陽が落ちるのも早くなったけど高感度強い。

 

ポートレートというか子供をもっと撮りたいなー。

AFだと性能や好みが分かるまでが早いから、多少不便なマニュアルの方が撮ってる感がある。。。にしてもBatisがハイレベルで万能すぎて若干ひいている。。

きっともっとクセの出やすい構図があるはずだ。。Batis君よ、君の弱点を愛したい。どこやっ!